PMS 家族の理解

PMSで大事なのは、家族の理解だと思います

若い頃はPMSや生理痛なんて無かったのですが、妊娠、出産をきっかけにPMSも生理痛を初めて感じるようになりました。個人差はあると思うのでなかなか理解してもらえないのも辛いですよね。

 

 

若い時は何も感じなかったので私もそうでしたが、実際に経験しないとわからない辛さです。ですから、男性には、多分きっと理解してもらえないものだと思っています。

 

 

結婚してから酷くなったので、生理前なんかは本当にお互いピリピリして理由もないのに喧嘩ばかりでしたし、嫌な思いをよくしていました。多分、主人も訳が分からなかったんだろうなと、少し申し訳ない思いです。

 

 

でも、一番大事だと思うのはちゃんと話すこと。とにかくイライラしてて、こちらとしては分かってもらえないのが辛い。男性は分からないなりに、分かろうとしてくれます。だから、言葉にするのはとても難しいことですが頑張って説明すれば分かってくれるものです。

 

 

ちゃんと理解はできなくても少し分かれば、それをもとに対応してくれると思いますし、少しでも分かってくれれば、イライラもちょっとは収まるような気もします。

 

 

ただ、人の理解を得ようとするよりは、根本的にイライラを鎮める必要もありますよね。私の場合は、出産を終えて体力が回復してくると、PMSも生理痛も軽減されました。思えば、若い頃毎日のように運動して元気に走り回っていたときは、何にも感じませんでしたから。

 

 

運動を沢山するといいのかもしれません。毎月イライラしたり生理痛の恐怖と闘うのは本当に疲れてしまいますよね。私は体力が回復したことで、今は生理痛で寝込むことはなくなりましたし、子育て中ということもあってものすごくイライラすることもありますが、主人の理解があって、緩和されています。